ホーム > 事業内容 > 施工事例 > 冷却設備運転監視装置によるデマンド制御

冷却設備運転監視装置によるデマンド制御

デマンドとは

30分あたりの平均需要電力値(Kw)をデマンド値と言います。
1ヶ月の間の最大デマンド値が以降一年間の契約電力となります。

よってデマンド値を抑制することが電気料金の削減に大きく繋がります。

30分毎における平均需要電力

デマンド監視装置

デマンド制御盤イメージ

電力メーターから電力パルスを受けて電力を24時間監視。30分後の予測電力を計算し、設定した目標値を上回ると警報を発令します。

また、各機器の運転を段階的に停止させ、使用電力の上昇を抑制します。

運転監視モニタ
クリックで拡大表示

監視モニタで離れた場所でも機器の運転状態や電力の推移を確認することができます。

当社運転監視装置の特徴

運転制御と温度監視、デマンド監視を兼ね揃えたオールインワンシステム。
1つのモニターで制御と監視が行えます。

メニュー画面 運転監視モニタ
クリックで拡大表示 クリックで拡大表示

機器の運転状態を監視。異常発生時には警報アラームとメッセージで通知します。

トレンドグラフ 冷却設備日報
クリックで拡大表示 クリックで拡大表示

温度推移を記録して冷凍庫内の状態を確認。
1日のデータを帳票として自動出力することもできます。

電力デマンドグラフ
クリックで拡大表示

30分毎の需要電力を監視・記録。
デマンド推移が一目でわかります。

会社情報

〒001-0915
札幌市北区新琴似町788-10
TEL:011-761-6562
FAX:011-761-7674